HOME>トピックス>医療専門学校で必要なスキルを学ぼう【効率のよい勉強方法】

医療専門学校で必要なスキルを学ぼう【効率のよい勉強方法】

医大生

医療現場で働くためのスキルを得る方法

医療現場で働くためのスキルを得るためには、医療系の大学や専門学校に入学して習得するのが一般的です。職種に応じて様々な種類の科目があり、それぞれより特化した専門的なスキルが学べるようになっています。このような医療系の大学や専門学校に入学すると、卒業後の進路を決める際にも病院などの就職先を紹介してもらえるというメリットもあります。

医療系大学と医療系専門学校の違い

実技重視と理論重視の違い

一般的に、医療系専門学校はどちらかというと実技重視で、医療系大学は理論重視の傾向があります。専門学校卒は即戦力の人材として活躍を目指すことが多いです。長期的な視点で考えている方は大学で学ぶことを検討する人が多いようです。

病院に就職した際の収入が違う

病院に就職した際、医療系専門学校卒と医療系大学卒では、初任給が1万円前後変わってきます。医療系大学卒のほうが収入面では有利です。収入面を重視するのであれば、医療系大学を選ぶということになります。

医療系専門学校卒業後に選べる進路

医療系専門学校卒業後の進路として多いのは、やはり病院などの医療機関です。しかし最近は医療機関だけではなく、卒業後の進路は多岐にわたります、高齢化社会になっていくに連れ、介護施設で活躍する医療系専門学校卒の方も増えてきています。また、スポーツ業界に進む方もいらっしゃいます。

医療系専門学校入学に関する疑問

医大生

アルバイトは可能でしょうか

多くの医療系専門学校では、アルバイトを認めています。アルバイトをする場合は、勉学に影響がない範囲でするように気をつけましょう。

学費は分納で支払い可能でしょうか

学費の分納に応じてくれる医療系専門学校は数多くあります。もし諸々の事情で学費を分納したい場合は、事前に学校側に確認をしましょう。

広告募集中